M&Aを扱っている優良会社は一覧表から探そう

ビル

小さな会社も対象です

握手

m&aというと大手企業が行う経営戦略というイメージを持つ人も多いですが、最近では小さな会社同士、もしくは大きな会社が小さな会社を対象とする場合も増えています。また、m&aは企業買収もしくは合併と解されますが、これらの他に、事業譲渡や資本提携も広義の意味でm&aと表現されることがあります。m&aの目的は、会社に不足しているヒト、モノ、技術といった経営資源を自社に取り込み、営業基盤を強化したり、事業の再構築を行ったりすることにあります。売り手においても買い手の経営資源を利用できるので、m&aは買い手と売り手の双方にメリットがあります。費用については売り手と買い手で若干異なってきます。m&aは仲介会社を通じて相手方とやり取りをすることが一般的ですので、売り手と買い手の両社に仲介手数料が発生します。仲介手数料は5%程度で設定されていることが多いですが、買収金額が大きくになるにつれて料率が下がったり、逆に買収金額が小さい場合には最低報酬額が定められていることもあります。最低報酬額は数百万円から数千万円程度と仲介会社によって異なりますので、m&a手続きの初期の段階できちんと確認しておくとよいです。両社にかかる費用は仲介手数料の他に登記費用や弁護士費用があります。買い手には、これらに加えてデューデリジェンスの費用が掛かってきます。m&aは数年にわたることがあることを考慮すれば、妥当なコストだと考えられます。