M&Aを扱っている優良会社は一覧表から探そう

ビル

成功報酬型で失敗知らず

笑顔の女性

譲渡先は思うより多いです

m&aとは企業買収のことを意味します。Mは英語で合併を意味するMergerとAはAcquisitionで買収を意味する単語の略語です。m&aというと乗っ取りとか悪いイメージがありますが、実は経営力を強化して基盤を固めていくためにm&aは大きな力を発揮します。m&aの広い意味では業務提携を意味することもありますが、正確には事業の譲り受けとなります。適切に企業間でm&aが行われれば、事業領域を拡大させたり、資金力があがるなど経営を根底から支える力を上げることとなります。譲渡を希望する企業の主な理由は後継者不足、一念発起して起業した会社を譲り受けて経営してくれる人が見つからないケースでは経営者が事業の継続を諦めるだけではなく、従業員の将来にも不安の影がちらつくことになります。ご自身が起業した事業を買収希望企業に買い取ってもらうことにより、自分の功績は将来に引き継がれ、従業員の未来も明るいものへと支えていくことが可能です。買収する側のメリットとしては、新規事業に対し、経営資源(資金・時間、人員)をかけず、しっかりと軌道に乗ったビジネスを譲り受けることができる部分です。特に中小企業のm&aでマッチングされる企業の組み合せは想像されているより多くなります。多い選択肢のなかで最善を見極めてマッチングし、条件交渉まで進むのも不要な時間をかけずに行えることもありますし、将来を見据えてのm&aであれば納得できる譲渡先が見つかるまでじっくりと探すことも可能です。m&aは仲介業者に間に立ってもらって行うことが多いですが、その際の報酬は成功報酬で成立した際のみかかる仕組みだと本気の対応が期待でき失敗が少ないです。