M&Aを扱っている優良会社は一覧表から探そう

ビル

企業を買収することの効果

オフィス

時間をかけずに経営を強化

企業買収は、他企業の株式を現金や株式交換などで取得することにより、子会社化・グループ化を図ることをいいます。企業買収は事業拡大及び経営基盤強化の面で大きなメリットがあります。たとえば同業他社を買収すれば、市場におけるシェアを高め、地位を向上させることができます。一方、別業種の企業を買収すれば経営の多角化が実現し、特定の事業のみに頼った脆弱な経営体質を改善することが可能となります。また、企業買収はそれぞれの企業の強みを生かしたシナジー効果を生み出すこともできます。たとえば同じ製造業同士でも営業に強い企業と研究開発に強い企業、部品製造を主力とした企業と組み立て加工に特化した企業といった組み合わせが実現すれば、協働による大きなメリットがもたらされます。また、製造と販売などいわゆる「川上と川下の統合」も、経営の効率化に資する組み合わせとなります。もちろん、こうしたメリットは企業買収によってのみもたらされるわけではありません。たとえば事業の多角化にしても、自社の中に事業部門を新規に立ち上げることで実現は可能です。企業買収が優れているのは、そうした経営戦略にかかる時間を節約できることです。新事業を始めるにしてもそれが軌道に乗るまでにはそれなりの年月を要し、しかも成功するという保証はありません。人材の育成にも手間がかかります。しかし、すでに実績のある企業との系列化を図れば、低リスクで目標を達成することができます。